So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

vivi君について [ペット]

  vivi君の葬式が昨日終わりました。2年前(平成27年10月15日)と同じペット霊園で執り行いました。姿自体を見ることができなくなり、なんとも言えません。

 しかし、vivi君は、最後の一,二週間は呼吸するのも苦しいようで、口を開けてせわしなく呼吸を繰り返しており、寝ることもできず、苦しかった、と思います。それを考えると楽になったね、と言ってやりたいです。

 原因については、ある病院では、レントゲン写真等でもよく分からないということで、抗生物質を頂く程度でした。vivi君は、無理して服用はしないので、おやつに包むとか工夫はしておりましたが、盆前には、それでも服用しなくなり水しか飲まなくなりました。盆休中、探した病院では、人間でも高齢者ではよくあるそうですが、口のなかの歯周菌が気管支のほうに行き、肺炎等をおこしているのではないかということで、粉末の薬を頂き、口からスポイトで飲ませたり、食事もしないので、栄養補給として、ブドウ糖を水で薄めて飲ませたりしました。また、盆中遊びに来た知人には、しっぽを振って近づいて行ったりしてはいたものの、苦しそうで、どうしたらいいんだろうと悩んでいました。人間なら、話してくれるのですが、何も言わないので、それで余計に心配でした。今はもっと何かしてやれたのではないか、と悔いが残ります。

 なお、私はvivi君の年齢を勘違いしておりまして、vivi君は、16歳9ヶ月ではなく15歳9ヶ月でした。娘が言うので、間違いないでしょう。そうすると、あと1年程度は十分生きられたのでは、と余計に悔いが残ります。ソラン君と天国で仲良く遊んで貰いたいと思います(時々喧嘩はしていましたが)。

                                    合 掌

 


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。