So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

映画と原作 [その他]

 昨年、vivi君が死亡した後に子どもから勧められて、飼主と犬の転生について本を映画化した「僕のワンダフル」という映画を観たのですが、その後、原作を読みました。原作の評判が良かったので、映画化されたということですが、私的には、映画のほうが良かったですね。特にラストで、飼い主が、現在の犬が転生したということを認識したシーンが感動的でしたが、原作では、飼い主が死んで行くところを犬が側にいて「犬の目的」はなんだろうと考えているところで終わっていましたが、映画ではなかなかそうは行かないのでしょう。

 映画が、最近、ブルーレイで出ましたので、子どもと一緒に観ました。妻はあまり興味がないようでしたが、また、ソラン君やVIVI君のことを想い出し、泣いてしまいました。

 子どもは、インスタグラムで、ミニチュア・ダックスフントの写真等を毎日のように見ており、また、犬を飼いたいようですが、妻はその気はないようです。世話は、私や子どもも仕事があり、結局妻に相当負担を掛けることになるので、妻の賛成がない限り、新たに飼うというのは無理なようです。

 そろそろソラン君が死んで二年半、VIVI君が死んで半年になりますが、まだまだ、そこで遊んでいるのではないか、と思うこともあります。映画のようになると、本当にいいのですが。

   

 

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。