So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ペットロスのその後 [ペット]

vivi2.jpg

  このブログを見た知人等から、ペットロスはどうなった、という質問を受けます。結論からいうと、昨日が二月目の月命日でしたが、まだまだ、何かあると、ソラン君のことが思い出され、特に写真を見たりすると、いたたまれない気持ちになりますので、なるべく写真を見たりしないようにして過ごしている状態で、もう少し時間がかかるようです。昨日は、月命日でしたので、ソラン君の遺影に花を供えていますと、妻が、亡き母より大事にするね、と冗談ぽく言いましたが、たしかにそうです。

 動物愛護センター等で里親を募集していますが、動物愛護センター等が引き取った理由として、飼い主が何らかの理由で飼育放棄した場合も相当あるようです。ペットの状況を見ると、不安げでおびえているようです。私には考えられません。一緒に楽しく過ごしてきた日々があると思います。最後まで面倒を見て欲しいと思います。ただ、ペットも15年程度は生きます。自分の年齢を考えて、ペットを最後まで面倒が見れるのか、十分検討した上で飼って欲しいと思います。そうでないと、自分が高齢で面倒見ることができなくなったということにもなります。また、ペットも高齢になると、病気になり、その費用も大変です。単に可愛いだけでは飼えません。飼う以上、最後まで、ペットと一緒にいて、面倒を見るという覚悟を持って飼って欲しい、と思います。

 VIVI君も、何となく寂しそうです。私たちが外出する際、ソラン君がいるときは、泣かなかったのですが、最近は、寂しいのか泣くようになりました。VIVI君も14歳になりました。ここ、2ヶ月程度で急にやせましたので、病院に連れて行きました。1キロやせていました(人間では10キロ位にはなります)。食欲はありますので、パピー用の食事に変えて様子を見て見ましょう、ということになり、一月ほどしてから連れて行くことにしましたが、心配です。何年生きるか分かりませんが、今度は、後悔しないように見てあげたいと思っています。


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。