So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

地震とソラン [その他]

DVC00015.JPG

  今回の熊本地震、2回目の本震のほうが前震とはけた違に激しく、時間も長く、また、その後の揺れも激しかったのですが、私は、鈍感というか、被害の時の対応が全くできない人間なのでしょうか、単に、地震が発生した場所に座っていただけで,室外に出るとか避難するとかの発想自体がありませんでした。

 発生時間は午前1時過ぎでしたが、私は一階のリビングでテレビを見ており、家人は二階で寝ていたようです。VIVI君は近くで寝ていたと思います。最初の揺れが始まったときは余震だと思っていましたので、収まるだろうと思っていましたが、逆にひどくなり、食器棚が倒れたりし、家具もめちゃくちゃになったようですが、停電したため真っ暗になり、周りが全く見えなくなり、どうなっているのかも分かりませんでした。ただ、ガラスが散乱しているのは、割れた音で分かりましたので、VIVI君が歩き回って怪我しないように、抱くことにしました(私自身が素足で動いてガラス片で怪我しました)。VIVI君はソラン君と違い、普段抱かれることを嫌がるのですが、そのときは、黙ってずっと抱かれていました。また、おそらく数分間、vivi君の頭のほうを下に尻尾を上にして抱いていたのですが、VIVI君が何ら嫌がる動作をしなかったので、気づかず、そのまま頭を下にしたまま抱いていました。VIVI君余程、怖しかったのだと思います。

 ある程度揺れが収まっても家人が一階に降りてこないので、何をしているのだとスマートフォンを懐中電灯代わりにして2階に上がりましたが、2階のテレビが倒れないように押さえていたということでして、私たちの地震直後の対応は問題だらけでした。その後、停電が回復して、少しは安心しましたが、このとき感じたのは、真っ暗で何も見えないことが、不安をつのるということです。スマートフォンが懐中電灯代わりになったので助かりましたが、そうでなければ、停電が回復するまで動けないところでした。

 ところで、表題にソランと書きましたが、ソラン君は死んでいるのですが、真っ先に考えたのは、ソラン君のことでした。ソラン君がいたら、とても怖かっただろうな、ソラン君の遺骨はどうなったのか等、家人や娘のことも考えましたが(娘は近くのマンションにいましたが、これについても、私は鈍感なのかすぐ連絡するとかのことはしませんでした。)ソラン君のことを考えてしまいました(遺骨は無事でした。ちなみに父達が納骨されている墓は崩壊しました。)。地震後、何故か、ソラン君のことを考えることが増えている状況です。

 現在、各相談所に行ったりしており、先日は阿蘇方面にも行きましたが、これからの再建について模索している方が多く、これからもまだまだ長い支援が必要だなと感じる次第です。

 写真は出会った頃のソランです。


nice!(0)  コメント(0) 

地震、ツバメの巣 [その他]

 熊本市地震から1ヶ月経過しました。被害のひどかったところは、まだまだ大変で、家屋を失った方などこれからの生活についても困惑している状況です。そのようななかで、私は最近まで知らなかったのですが、家人より、自宅の2階にツバメが巣を作っていたようで、その巣が地震で落ち、そのなかにひな鳥がいたということで、結局ひな鳥は死んでしまったということを聞きました。地震により2階のエアコンの室外機が倒れたのですが、それを見に行ったとき気がついたということです。

 自分の家にツバメの巣があったというのも驚いたのですが、その巣が地震で落ち、ひな鳥がいたことを知ったなら、生きたかどうか分かりませんが、なんとか世話をしてあげられなかったのか、気になってショックでした。子どものころ、ジュウシマツを飼っていて、何回かヘビに食べられたことがありましたが、その頃のことも思い出しました。

 生きてきたなら、できるだけ命を全うさせたいと思うのは、動物であっても同じです。避難所には色んな方がいますので、ペットは連れていけないようです。今回の熊本では、ペットを一時的に避難させてくれる動物病院もあったようです。これから、益々、ペットを家族と考え、生活している人が増えて行くと思われますので、これからは、ペットも受け入れてくれるような避難所体制も検討しなくてはいけないのでは、と考えたりしています。


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。